大いなる扉――《時の魚》の移動について。

f:id:unomidoria:20170318150701j:plain

 

 

サイズが大きなものになればなるほど、そう簡単には持ち場から動かなくなります。

 

逆に、小さなものほど入れ替わり立ち代わりに動いています。

 

泳ぎ方は、性格にもよるのですが、一般的な魚と同じように泳ぎます。

 

スピードは、出そうと思えばとても早く泳げます。

 

瞬間移動的に移動する子もいます。シュン、と。

 

さすがに時空を超える際に瞬間移動は出来なさそうですが、

 

平面的な移動なら、時間の苦労無く出来るのでしょう。

 

また、《時の魚》たちは、色々なものを扉(=ワープ装置)のように使います。

 

代表的な例は鏡です。

 

それから、トランプなどのカード、ある種の本、時計、など、

 

本当に扉の種類は多様です。

 

私は、彼らの扉を使った移動が好きなので、

 

ずっと見ていたくなります。