素朴な疑問ーー《時の魚》は飼える?

f:id:unomidoria:20170318152323j:plain

 

天使を召喚する。

⇒自分を守り、助けてくれるよう、近くに居てもらう。

神様を招来する。

⇒より大きなこと・強力なことを成し遂げるため、一時的に降りてきてもらう。

妖精を派遣する。

⇒浄化・活性化のため、何かに宿ってもらう。

 

どれも、当然のように行われている世界があります。

 

それらを執り行っている人は、たいてい、特殊な修行を積んだ人。

 

では、《時の魚》は、召喚することができるのでしょうか。

(つまり、宇野以外の人の近くに、特定の《魚》に滞在してもらう、ということ。)

 

結論から言えば、おそらく可能だと思われます。

 

方法は、石を使うこと。

 

f:id:unomidoria:20170318205708j:plain

 

以前、《時の魚》の「扉」の話を書きました。

大いなる扉――《時の魚》の移動について。 - カイロスの舟

 

石は、彼らの扉としても、使うことができます。

 

また、石は「その場に留める」効果があります。

 

だからこそ、何かが宿っているとされる石が各所に在ったり、

 

石にパワーを込めたり、祠の入り口に使われたりするのです。

 

石のそういった作用を使って、特定の《時の魚》に居てもらう。

 

理論的には、不可能ではありません。

 

理論を確証へ。

 

そのためには、モニターとなってくれる人が必要です。

 

それ以前に、《時の魚》を身の回りに宿したいと思っている人が居るのかどうか。

 

この試みは、私一人では出来ません。

 

こちらからモニターになってほしいと望んでいる身ではあるのですが、

 

やはり相性もあるでしょうし、

 

出来ることならより良い人に、という親心のようなものもあります。

 

もしも、「モニターになってみたい」という方がいらっしゃいましたら、

 

ココナラのDMにてお知らせくださると、とてもうれしいです。

 

もしも《時の魚》の召喚が確立したなら、

 

より「カイロスの舟」に相応しい、多くの人の助けになるのではないか。

 

そう、思っています。